空想少女クロニクル

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2泊3日の自転車旅予定  

矢島舞美さんの自転車旅を出来る範囲でなるべくコピーして実行する企画、ナルコピの大体の予定が決まりました。
出発日は9月29日。
お泊り勤務明けからの出発となります。
3連休があればとは思ったんですが、しばらくは難しいようなので仕方ないですね。
台風直撃の予報もありましたが、どうも進路が反れていくようなので決行の予定です。

1日目はやじさんと同じく江の島のかきや旅館までを予定しています。
余裕があったら江の島も少し見て回りたいと思っているんですが、ちょっと時間的に難しそうかな・・・。
反れていくにしても多少は風の影響もあると思いますしね。

2日目はちょっと迷ったんですが、熱海シーサイドスパ&リゾートはスルーして行けるところまでなるべく進もうかと思っています。
宿泊先は行き当たりばったりで探す予定。
旅にはこういう遊びがあった方が面白いと思うということと、3日目はなるべく早めに終わらせたいというのが理由です。
熱海から三島へ抜ける時の山越えで力尽き果てて死亡するのではないかという心配が多少ありますが、今の気温なら野宿しても特に問題ないですよね。

3日目は昼くらいに久能山東照宮に到着出来たらいいですね。
翌日からはまた仕事なのでなるべく余裕を持って都内に戻ってきてしまいたいです。

自転車初心者の僕がどこまでやれるのか全く未知数です。
人より体力があるとか運動神経に優れているということもないです。
むしろ運動については確実に劣等生(;´Д`)
そしてついでに方向音痴。
ネットで事前に道順の下調べは済ませてありますが、間違える可能性が非常に高い。
どうなることやらという感じですが、Twitterで随時状況を書いていくと思いますので、こいつ死にそうだと思ったら助けを呼んでやって下さい(;´Д`)
スポンサーサイト

category: 日記

tb: --   cm: --

2泊3日の自転車旅計画  

電験三種の試験日から早くも2週間以上が過ぎました。
僕は腑抜け状態で平日は1~2時間、休日は3~4時間くらいの勉強で終わらせるという温い日々を過ごしています。
週に1~2回は勉強に手を付けていない日もありますしね。
冷凍三種の試験が終わるまでは比較的緩いスケジュールでやっていくことになるかなと思います。

***

今の僕の頭の中は2012年の春頃まで放送されていた「ハロプロ!TIME」で℃-uteの矢島舞美さんが挑戦した自転車旅企画の真似をする計画のことでいっぱいなのです。
そもそも「ハロプロ!TIME」はとても面白い番組でしたが、中でもこの企画は正に神企画と呼ぶに相応しい。
全人類が視聴してやじさんの素晴らしさで心を浄化するべきではないかと思います。
ところで一応週明けに出発の予定なのですが、台風直撃コースっぽいので何か色々とヤバそう。

category: 日記

tb: --   cm: --

電験三種用参考書  

僕が使用して良かったと思える電験三種用の参考書をまとめておきたいと思いますヽ(´ー`)ノ

***

■理論

これだけ理論 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)これだけ理論 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)
(2013/02)
石橋 千尋

商品詳細を見る


完全マスター電験三種受験テキスト 理論 (LICENSE BOOKS)完全マスター電験三種受験テキスト 理論 (LICENSE BOOKS)
(2008/03)
幅 敏明、塩沢 孝則 他

商品詳細を見る

メインで使用したのはこれだけ理論ですね。
過去問をやっていくとわかりますが、最近の問題には対応出来ていないので、試験の1ヶ月半くらい前だったかに完全マスターを買い足しました。
数学や物理が苦手な場合、完全マスターからやると確実に泣きを見るので注意が必要ですね。
これだけ理論を馬鹿みたいに繰り返しながら過去問10年分を総ざらいして、それから完全マスターに取り掛かるが吉かと思います。
そうすれば完全マスターのどこを飛ばして、どこを飛ばさずに掘り下げて理解すべきかが判断出来るというわけです。
他の科目もそうなんですが、これだけシリーズは恐らく電験三種参考書の中では比較的優しく書かれているんじゃないかと思いました。
それでいて要点も捉えているので僕は選んで正解だったと感じています。

■電力

これだけ電力 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)これだけ電力 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)
(2012/10)
山口 隆弘、石橋 千尋 他

商品詳細を見る

電力はこれだけ電力をしっかりとやれば安心だと思います。
理論と同様、過去問全てを網羅出来ているわけではないんですが、その分は過去問の解説を読み込んで理解していけば平気なレベルです。
電力の場合は別に難化傾向が強いという印象は受けなかったので、とにかく論説問題を落とさないように精度高く暗記していくことを心掛けていました。
B問題の厄介な計算問題は過去問解説に頼ってやっていけば大丈夫かと思います。

■機械

これだけ機械 改訂新版 (電験第3種ニューこれだけシリーズ 3)これだけ機械 改訂新版 (電験第3種ニューこれだけシリーズ 3)
(2013/05/25)
深見 正、深澤 一幸 他

商品詳細を見る

やはりこれだけシリーズ、これだけ機械。
これだけ法規の2倍以上の厚さがあって、僕は一生掛かってもこの参考書を読み終える自信がありませんでしたが、結局5~6回くらいは通してやったと思います。
変圧器や電動機なんかの重要なところは倍以上やってるかもしれません。
とにかく範囲が広い上に汚い出題の仕方をしてくるので、可能な限り細部まで覚えてやろうと思いながら勉強してましたね。
機械については難化してるのかそうでもないのか、今ひとつよくわかりませんでした。
これだけ機械だけでは全然足りないような気もしたし、しっかりとやり込めば一冊で平気な気もします。
結果的には参考書を追加することはしませんでしたが、過去問を解いていく段階で足りないと感じたことは何度もありました。
何しろ範囲が膨大なのであまり深入りしないという判断が大切なのかもしれません。

■法規

これだけ法規 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)これだけ法規 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)
(2011/10)
時井 幸男

商品詳細を見る

最後もこれだけシリーズ、これだけ法規。
これはとても効率良くまとめられているんじゃないかと思います。
通常通りの試験問題が出れば、ちゃんと解ける実力が身に付けられます。
平成23年度~24年度辺りの過去問が異常な難易度になっていて度肝を抜かれるんですが、そこは基本的に無視していいはずです。
恐らくあの問題に対応している参考書は僕が試験を受けた当時、世界のどこにも存在しなかったはずです。
これだけ法規の内容を仮に100%完全に暗記したとしても、合格点を取れないという異常事態。
僕は不安になってもう一冊追加してしまいましたが、やたらと細かい数字まで載っていて何をどこまで覚えればいいのかキリがなくなってしまいました。
それより法規を安定させるためには電力の勉強をするのが最善だと思います。

■過去問

電験第3種過去問題集 平成25年版電験第3種過去問題集 平成25年版
(2012/12/05)
電験問題研究会

商品詳細を見る

僕が使ったのは25年版ですが、基本的には最新のを使えばいいんだと思います。
この過去問集は必須ですね。
問題解説が詳しく載っているし、補足的な感じで少し掘り下げた情報も載っているので、実に強力です。
分厚くてクソ重いので鈍器としても強力です。
持ち運べば筋力アップの恩恵も受けられます。

***

電気の勉強をやってこなかった場合、最低でもこれだけの冊数は必要だろうと僕は思います。
既にある程度のことはわかっているというなら、4科目がまとめられている類の参考書でもいいんだと思いますが、僕はよくわかりません。
僕は上記以外に、さらに過去問を買い足したり、数学入門用の参考書や数学の教科書なんかも買っていますしね。
とてもじゃないけどカテゴリの中の最下位の資格とは思えないハードルの高さでした・・・出費的な意味でも。

category: 資格

tb: --   cm: --

勝負論  

電験三種<
どうした・・・?
さっさと免状・・・

僕<
寝ぼけるな・・・

電験三種<
え・・・?

僕<
続行だ・・・
ケチな免状で終わる気なし・・・!

(ざわ・・・ざわ・・・)

***

いや、電験三種受かってたら免状は頂きますけどもね。
そんな感じで電験二種の数学に手を出してみたわけですが、まるで意味がわかりませんね。
解読不能の文字列がズラズラと記載されており、とても理解が及ぶとは思えないレベルです。
理論以外の科目はともかく、理論に関してはしっかりと数学力を向上させない限りは太刀打ち出来なさそうな気配。
まだ始めたばかりなんですが、最初に加法定理の応用みたいなのがあるんですよ。
何度見返してもどういう過程で答えが導き出されているのか検討もつきませんね。
執念深くやっていくしかなさそうです。

今日はオーダーメイド枕というのを作ってきました。
眠さ力に定評のある僕ですから、寝具には少しばかりお金を注いでもいいかなと思って奮発してみました。
これで肩こりが少しでも楽になってくれるといいんですが・・・。
いずれは布団も良質な物を買えたらいいなと思っています。
あと、衣服やメガネも新しいのを買ってきました。
メガネですが大分傷んでいたので新しくしたいと思ってはいたものの、電験三種のおかげでかなり先延ばしになってしまったわけです。
溜まっていた買い物は今日で大体片付けられましたね。
ところで買い物をしてストレス発散するなんて人がいたりしますが、僕は買い物をすると逆に不安に襲われるタイプです。
お金が無いことで窮地に陥った経験からくるものなんでしょうね。

話が色々と飛びますが、ずっと読みたかったウメハラの本を図書館で借りてきました。
最近は様々なメディア媒体にも出演しているので、ご存じの方も多いんじゃないかと思いますが、日本人初のプロ・ゲーマーという肩書を持っている方ですね。
ウメハラの専門は格ゲーです。
僕なんかは格ゲー世代ですから格ゲーが強いというだけで尊敬してしまったりします。
まだ8割くらいしか読んでいないのですが、本書の各所で何度も「物事を上達するにあたって必要なのは基礎を固めるために反復し、それを継続することである」という内容が出てきます。
これは今僕が苦しめられている勉強にも通用する考え方・・・というよりほとんどのことに当てはまる考え方ですよね。
僕の理解としては、諦めない心、折れない心を持っている者こそが強者になり得る、ということなんだと受け取りました。
ウメハラのようにはいかないかと思いますが、僕も強固な意志力を手にするために前を向いていきたいと思います。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
(2012/04/02)
梅原 大吾

商品詳細を見る


勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)
(2013/10/01)
梅原 大吾

商品詳細を見る

category: 日記

tb: --   cm: --

しばしの休息  

今年に入ってからは娯楽はおろか電験三種に関係ないことはほとんど封印していたので、世の中の流行とかニュースすら全然知らないという状態でした。
当然ハロプロのことだけはずっと追っかけていましたけどね(;´Д`)
何はともあれ試験が終わったので少しずつその封印を解除しているところなんですが、読書もそのひとつですね。
僕に勉強を教えてくれた友人は単著を出版していたりするのでそんなのも買ってきて読んだりしています。
そんな人間から勉強を教われたんだから僕はつくづく運が良かったんだと思います。
未だに何で僕みたいな底辺と関わってくれるのか甚だ不思議でしょうがないんですが、要するに学力だけではなく人間性も抜群ということなんでしょう。
あとは気になってた本を図書館で色々予約してきたのでしばらくは読書を楽しみたいと思っております。

冷凍三種は参考書はようやく一巡しました。
一巡目はいつもとりあえず文字を追っていってるだけなので結構早く終わっちゃうんですよね。
そんなわけで二巡目からが本番というところでしょう。

category: 日記

tb: --   cm: --

情報収集  

電験三種本番から数日経ってようやく落ち着きを取り戻してきました。
身体は疲れているのにあまり眠れなかったり、試験前にまとめて休みを取得した反動で仕事がちょっと大変なこともあって、かなり疲労が蓄積してしまってしんどい週でした。

まずは電験三種が終わるまでと思って後回しにしていた日常生活のアレコレを、少しずつ整理して体勢を整えているところです。
そんな感じなので2日間勉強しない日があったりもしました。
それでも冷凍三種の参考書はそろそろ一巡するので、気楽にやっていって平気かなと思っています。
覚える分量が少ないですからね。
あとはエネルギー管理士についての情報収集も開始しています。
電験三種が終わる前は「電験三種が終わったらもう絶対に勉強なんぞしねえ」って思っていたのですが・・・僕はまた地獄に舞い戻ろうとしています(;´Д`)
やるなら電験三種の知識を忘れてしまう前に始めるのが最も効率的なので、なるべく早めに開始したいところですね。
恐らく10月中に27年度版のエネ管過去問タウンページが発売されるのではないかと思うので、それを契機にしたらいいかなと今は考えています。
しかしそれまでの間、冷凍三種だけじゃ時間を持て余すし、計算力も落ちていくだろうと考えて、注文したのがこちらです。

いちばんよくわかる電験第2種数学入門帖いちばんよくわかる電験第2種数学入門帖
(2001/12)
石橋 千尋

商品詳細を見る

電験二種・・・だと・・・?(;´Д`)
こちらを使用して電験三種勉強中には理解不能だった微分積分に挑戦してみたいと思っています。
電験三種勉強中も計算については筋トレ同様、毎日繰り返すことが肝要だと思って続けていましたから、ここで途絶えさせるのは惜しいですしね。
エネ管関連の参考書は要るのか要らないのかイマイチ判然としないので、もう少し調べてみようかと思います。
電験三種レベルがそれなりに理解出来ている状態であればエネ管の参考書よりも電験二種一次の参考書を用意した方が効率的っぽいような記述も散見されますしね・・・。
電験三種の参考書も引き続き使っていけるようなので、どうやらさらに長い付き合いになるようです。

category: 日記

tb: --   cm: --

電験三種雑感  

それでは、電験三種について色々と振り返ってみたいと思います。

***

■受験回数
2回。

■勉強時間
まずはこちらのエクセルデータをご覧下さい。

勉強時間表
こちらのエクセルの元データは電験三種に素人が合格する為のサイトから拝借させて頂きました。

色々記入してありますが合計で1124時間くらいですね。
最初の頃は1分単位で記入していたんですが、途中から面倒になって5分以下は切り捨てにしました。
例えば1時間4分やったら1時間として換算、という感じです。
そして、実はこの勉強時間表には、机に向かって勉強していた時間と参考書を音読していた時間だけしか記入されていません。
それ以外に何があるんだということになりますが、僕は参考書を音読した録音ファイルをリスニングしていたんですね。
この勉強方法も上記サイトを見て、真似しました。
通勤時間中やその他の移動時間もほとんどずっとこの録音ファイルを聴いていたので、勉強時間に加えると月に20~30時間くらいプラス出来ると思います。
勉強時間を毎月100時間目標に設定していましたが、実はリスニングも加えれば余裕で突破していたという話です。
時間表に記入しなかったのはいちいち聞いた時間を計測するだけでも面倒なのに、さらに科目ごとに勉強時間を分けているから余計に手間が掛かってしまうことが理由です。
データに記入してありますが、録音ファイルの合計時間は21時間30分もありました。
一巡通して聞くだけで日が暮れるわ・・・。
他にも職場で少しの空き時間に公式ノートを眺めたり、裏紙に表や図を書いたりしていた時間もあるので、全部を合計すると1300時間くらいは費やしていたのかもしれません。
移動中にすら好きなアイドルソングのひとつも聴けないというのは地獄でした。
まあ時々は聴いてたんだけど(;´Д`)

■使用参考書・過去問集・その他の教材
写真-2014-09-12-14-33-04
縦の長さを測ってみたら30cmもありました・・・重さはこれより3冊くらい少なめで測った時に9kg程度だったので全部で10kgくらいだと思います。
全部を一気に持ち歩くことはなかったですが8割持ち歩くことが何度かありまして、その時はあまりの重さに川へ投棄してやろうかと考えました。
ふざけてやがる(;´Д`)

勉強の核として使用したのは「これだけシリーズ」です。
何冊も参考書を買うのって如何にも馬鹿っぽいよな、と思って最初はこの四冊と過去問集だけで試験に挑もうと思っていたんですが、勉強を進めていく内に最近の難化傾向に対抗するには全然足りないということに気付いてしまいました。
一番下にある赤くて薄い本は勉強を始めたばかりの頃に使用していたんですが、物理の基礎的なことが書いてあったりしてそこそこ役立ったような気がします。
ただ、僕みたいな実質小卒レベルの学力でなければ別に必要ないのかなと思いましたね。
電気基礎1、2と電子技術というのは工業高校で使用している教科書です。
当然電験三種に必要のないことも書いてあるんですが、これこそ電験三種の参考書に載せろよ、ってことも書いてあるので理論の基礎的な部分をちゃんと固めたいのなら有効に使えるかと思います。
真ん中辺りにある黄色のファイルは専門誌「電気計算」の電験三種講座をコピーしてファイリングしたものです。
2013年12月号~2014年8月号までですね。
2014年9月号には模擬問題が載っていたのでそれはやりましたが、図書館で済ませたのでコピーはしませんでした。
ネットから落として印刷した去年の過去問やその他の問題なんかも一緒に綴ってあります。
過去問題集が2冊ありますが、4~5年分くらいは重複しているので僕がやった過去問は全部で15年分だったと思います。
主に使ったのは25年度版ですね。
去年何も知らずに過去問を注文し、このタウンページが届けられた時には電験三種を諦めようかと強く思いました。
参考書や教材に関してはまた別途記事を書こうと思っていますので、また後日。

■使用ノート
ノートは要点をまとめる用に一冊だけ一応作ったんですが、半分も使わなかったです。
主に使ったのは計算問題用にA4のキャンパスノートを17冊。
使い終わったノートを一冊積み上げていく度に僕は強くなれるような気持ちでしたよ・・・(;´Д`)
あと、さっきの写真の一番上に乗っている小さいノートは公式まとめノートですね。
二冊を養生テープでくっつけてあります。

■参考サイト
特にお世話になったのは2サイト。

電験三種に素人が合格する為のサイト
先程もご紹介したサイトですが、こちらから得たものは大きかったです。
僕がそもそも電験三種に挑戦しようと決意したのも、このサイトの影響からでしたね。
公式語呂合わせなんかはほとんどここで見たものを暗記しました。
最初はいくつか自分で作ったりもしたし、足りない部分は自分で補ったりもしましたが、考えるのに結構な時間を食うのでそのまま流用出来たのはとても助かりました。

電験3種WebHandMade [過去問・解答・重点学習] | ホーム
こちらは主に過去問の解説が掲載されているんですが、過去問集の解説でよくわからなかった時にここの解説で見ると理解出来たりするようなことがありました。
あとは問題がジャンル別に掲載されているので、交流計算をひたすら解いたりする時に使っていました。
それから昭和の過去問なんかも載っていたりするので、色んな問題に触れることが出来て本当にありがたかったですね。

■勉強会
そして僕が合格まで到達することが出来たのは全てこの勉強会のおかげですね。
理論に取り掛かったものの、意味不明な記号と数字の羅列に頭を悩ませていた僕に道を与えてくれました。
勉強を教えてくれた友人に心から感謝したいと思います。
正式に合格が発表されたら打ち上げにいく約束をしております。
僕みたいな究極的馬鹿を電験三種に受からせてしまうんだから彼は表彰されてもいいのでは・・・いや、まだ受かっていないか・・・。
勉強会は15回行いましたが、いつも大体3時間くらいやっていましたね。
また、定期的にこういう場があったのはモチベーションを維持する効果もありました。
ブログではなるべく弱音を吐かないようにしていましたが、実際は毎日心の中で泣き言をこぼしていましたからね(;´Д`)

■その他の感想など
僕の中では電験三種に合格することが過去の自分への清算だと思っていました。
「看護師になる」と言ったのにすぐに投げ出してしまった情けない事実はずっと僕の心の深い部分に澱のように沈殿しているんですね。
でもその事実はもう変えられない。
ならばせめて何かひとつでも胸を張れるような物事を達成せねばならないと思ったんです。
免状が届けられた日にはもしかしたらその澱がいくらかは排出されるのかもしれないですね。

そして僕に勉強する力を与え続けてくれたのは℃-uteの矢島舞美さんのブログだったと思います。
やじさんのブログを読んでいると、僕も真っ直ぐに生きられたら、と思わせてくれるんですよね。
そんな気持ちが苦痛に耐え続けて勉強を継続する意志を育ててくれました。
やじさんが頑張っているのなら僕もそれに少しでも追いつけるように頑張らないといけないと、今でも思わせてくれています。
だから僕はエネルギー管理士取得を目指すとかいう苦痛に身を晒そうとしているのです(;´Д`)
基本的に気持ち悪い話ですが、事実なので書き残しておきます(;´Д`)

***

以上、僕の電験三種スタッフロールでした。
これだけ書いておいて受かってなかったら笑えるな(;´Д`)

category: 資格

tb: --   cm: --

電験三種「理論」「電力」「機械」  

平成26年度電気主任技術者一次試験の解答について | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター

Twitterには書きましたが、上記URLで解答を確認し、解答速報と同じく、理論60点、電力80点、機械70点でめでたく合格見込みの状態となりました。
僕SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE(;´Д`)
まあ僕などは理系の申し子みたいなところがありますから、当然の結果ですがね(´ー`)y-~~
※電験三種の勉強始めるまではルートの役割も知らず、繁分数に至っては人生で初めて目にしたレベルです。

電験三種試験が終わってからは身体はぐったりして疲れているのにどうにも気分が高揚しているのか全然眠れない状態が続いていたんですが、昨日の夜になるとついに疲れが限界を突破したようで非常に深く眠ることが出来ました。
久しぶりに何の勉強もせずに1日が終わった日でしたね。
ちなみに試験日翌日は冷凍三種の勉強を開始しておりました。

では、少し長くなるかと思いますが試験当日について振り返ってみたいと思います。

***

■理論
計算中心となる科目「理論」。
個人的にはここが最も厳しいかと思いながら試験に臨んだわけですが、結果も60点とギリギリのライン。
しかし落ち着いて取り組めていればもう10~20点はプラス出来ていたなと思います。
直流回路の分流問題をミスしたり、表記に惑わされて磁界の強さの問題の答えに気付けなかったり、三相交流の線電圧と相電圧を間違えたり、まあさんざんです(;´Д`)
何しろ試験開始直後は手が震えてまともに文字が書けないような状態でしたからね(;´Д`)冷静さを欠いてるってレベルじゃねーぞ。
「1000時間以上も勉強してきたんだ・・・1科目たりとも絶対に落とすわけにはいかない」という気持ちが異常なプレッシャーを僕に与えていました。
そんな精神状態ではありましたが、苦手な共振回路の問題はどうにか解けたり、多分これだろって感じでマークしたダイオード還流回路の波形問題は当たっていたのが救いでした。
正解の検討がつかない問題についても結構粘って時間ギリギリまで頭をこねくり回していたのですが、結局きっかけは掴めず、全て同じ番号にマークしました。
こちらは全てハズレ。
こんなことなら先に見直しを行うべきだったと思います(;´Д`)見直していれば少なくとも分流のミスには絶対に気付いていたので。
でも最後まで諦めずに試行錯誤を続けるという行為自体は電験三種においては相当大切だとは思います。
試験が終わった直後の感触としては、受かったとしても60点、落ちる時は55点、という感じでしたが、結果その通りでしたね。
理論で早くも疲れ果てて、僕は既に真っ白に燃え尽きていました。

■電力
40分の休憩中にヒヤロンで頭を冷やしたり、少し外を歩いて気分転換を図ったりして、次なる敵は「電力」。
電力については15年分の過去問全て、初見で60点以下を取ったことはなかったので理論よりは比較的楽な気分で開始出来ましたが、3問目から3問ほど連続で解答が2~3択までしか絞り込めない問題が続き、血の気が引いてきました(;´Д`)
その後も絶対にこれが正解って言い切れる問題が少なく、B問題のベルヌーイの定理問題も全く自信無し。
しかし理論と違って絞り込みきれなかった問題や自信に乏しかったは幸運にも間違いより正解の割合が高くなりました。
異容量三相4線の問題が解けたのは先にも書いた、最後まで投げ出さずに悩み続ける姿勢が功を奏した形かと思います。
また、さんざん取り組んできたので出題されれば解けるかなと思っていたパーセントインピーダンスやら水力発電が全く出なくて勉強時間を無駄にした感が凄まじいですが、これもまた電験三種の恐ろしさのひとつ。
試験終了後の感触としては、電力も理論と同様、受かるか受からないかギリギリのラインだと感じていました。
結果は見事に80点。
3択までしか絞れずに選んだ問題も当たっていたのは意外でしたね。

■機械
午後からは電験三種の鬼門「機械」です。
過去問である程度の点数を取れるようになるまでにとてつもない苦労を強いられた経験から、とにかく曖昧な箇所を潰して細かいところまでなるべく記憶しようと心掛けていたことが僕に力を与えてくれたようです。
図をしょっちゅう書きまくって完全に覚えてしまっていた同期発電機の交差磁化作用の問題を見た時は嬉しくて思わず声を上げそうになりましたね。
アホのように日々同じ図を書き続けたのは無駄ではなかった。
ある程度絞り込んで最後は勘でマークした問題は当たったり当たらなかったりで五分五分といったところでした。
照明問題が優し目だったのは非常に助かりましたね。
あとは他のB問題のaがどうにか解けたことで減点を抑えこむことが出来たなと思います。
理論と同じくとにかく時間勝負かなと思っていましたが、厄介なフリップフロップ回路やベーシック言語が出なかったことでそこまで切羽詰まった状況には陥ることがなかったです。
JKフリップフロップも照明を選択することで無視出来ましたからね。
それと完全に捨てていた伝達関数問題が全く出てこなかったのは幸いでした。
そんなこんなで感触は機械が最も自信のある出来映えという意外な終着点となりました。

***

以上の3科目で僕の死闘は終了となりました。
試験後は精根尽き果ててしばらくは放心状態でした。
何しろ試験中はハンターハンターのゴンさんばりに

「もうこれで終わってもいい
だからありったけを」

なんて思いながら問題を解いてましたからね(;´Д`)
本当に危ういところでしたが、どうにか合格に手が届いたようで心から安心しました。
次回の更新では僕の脳内に流れている電験三種スタッフロールをお送りしたいと思います。

category: 資格

tb: --   cm: --

僕は今年を今日のために  

Ohmsha 2014年 電験三種解答速報(解答例)

電験三種、理論、電力、機械の3科目の試験を終えてきました。
上記の解答速報では、理論60点、電力80点、機械70点でした。
去年も書いていますが、これは間違っている場合もあるので明日の公式発表まではまだ安心出来ないですね(;´Д`)
電力と機械は余裕があるのでまあ大丈夫かと思いますが、問題は理論(;´Д`)
1問でも誤植やミスがあったら60点以下になってしまいます。
どうかこの通りであることを祈りたいと思います。
あと、僕のマークシート記入ミスがあったら死ねる(;´Д`)
しっかり確認したはずですが、見直す余裕がなかったんですよね。
受験に関しての感想なんかは公式な解答発表を確認してからまた明日に書きたいと思います。

とりあえず僕、お疲れ。
お前は人生で初めてひとつの物事を頑張り抜いた。

category: 資格

tb: --   cm: --

残り1日  

6時間くらい勉強をして、さっき自宅に戻ってきました。

去年の10月半ばに勉強を開始してからの今日までを振り返ってみると、当初の目標以上の勉強量をこなし、自分なりのベストを尽くすことが出来たかと思います。
今年に入ってからはTwitterも禁止にして、電験三種だけに集中する環境を作ってひたすら勉強の日々でしたからね。
勉強時間表を見てみると今年に入ってから勉強に全く手を付けなかった日は1月3日、1月16日、2月14日の3日だけでした。
1月3日はまあ何かだるかったんだと思います(;´Д`)
1月16日は仕事の後にマネージャー時代のタレントの子とご飯に行った日ですね。
今ならこの日も間違いなく勉強してると思いますが、本格的にやり始めてまだ間もなかった頃なので甘かったんだと思います。
2月14日は夜勤明けだったんですが、確かこの日は雪が降ってたんですよ。
当然とんでもなく寒かったので勉強を始める前に布団に潜って少しの時間だけ、身体を温めるつもりでした。
・・・そして気付けば翌朝を迎えていたという恐ろしいことが起こった日です(;´Д`)
まあでもそれ以降は何があろうとも必ず勉強を欠かすことはありませんでした。
仕事をしながらなので時にはどうしようもなく辛い日もありました、不覚にも風邪を引いてしまった時期もありました。
それでも僕は休まなかったです。
ここまでくるともう執念ですよ。
これで受からないならもうしょうがない。

以上、ぶどう(グレープ)担当の僕がお送りしました。

category: 日記

tb: --   cm: --

残り3日  

秒読み段階に突入しました(;´Д`)
電験三種に勝てる気がしない(;´Д`)アッアッアッ。

試験日は長丁場の戦いになるので休憩中に頭を冷やすために冷えピタ的なのを購入してあったのですが、これって別に冷却効果があるわけではないんですね(;´Д`)
ヒヤロンという商品ならちゃんと冷やせるということなので、今日は2個ばかり仕入れてきました。
ホッカイロの冷たい版みたいな物のようですね。
ここまで電験三種に懸けてる奴もそうはいまい(;´Д`)

ロッテ ヒヤロン 1個入×12セットロッテ ヒヤロン 1個入×12セット
(2014/06/09)
ヒヤロン

商品詳細を見る

category: 日記

tb: --   cm: --

残り5日  

ついに9月を迎えてしまいました・・・(;´Д`)
8月の勉強時間もどうにか100時間を保つことが出来ました。
先月で1000時間超えは達成したので時間に関してはあまり気にしていなかったんですが、普通にやっていればこのくらいの時間を使うようになったということなんでしょうね。

そして明日から試験日までは仕事が休みなので、最後の復習をしっかりと行いたいと思います。
毎日6時間くらいやるとして、残された猶予は24時間。
この期に及んでも交流回路計算が満足に解けないのですが、一体どうなってしまうのでしょうかね(;´Д`)
苦手な問題があまり出題されないことを祈るしかない(;´人`)

category: 日記

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。