空想少女クロニクル

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

絶望感  

電験三種のことで頭がいっぱいな毎日ですが、10年分の過去問集を注文しましたところ、電話帳レベルの分厚い本が送られてきてそれだけで泣きそうになりました。
そして中身をパラパラとめくってみて「これは僕が手を出す代物ではなかった・・・」ということに気付いてしまったわけです。
法規の計算なんぞで苦戦していた僕は一体何だったのか。
でも法規だけにしたって暗記の量が結構あるんですよ・・・こんなの受かるなんて同じ人間のやることとは思えない。
早速投げ出したくなってきた。
でもこれ投げ出すってことは人生を投げ出すってことなんですよね・・・ああ・・・。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: --   cm: --